独立のファイナンシャルプランナーで年収1,000万円のために顧問報酬も狙おう

独立のファイナンシャルプランナーで年収1,000万円を稼ぐための私なりの方法をご説明しました。これは、ファイナンシャルプランナーが相談料だけで食べていくのが、難しい職業だからという前提に立っています。

ただ、ファイナンシャルプランナーにとって、一番、ありがたい収入は固定客から毎月、一定の金額の相談料をもらえる顧問料です。独立のファイナンシャルプランナーで年収1,000万円を稼ぐことを実現したいと思った場合、やはり、顧問料を獲得することを目指すことは必要でしょう。

顧問料の相場は月額5万円程度です。しかし、私の知り合いには1人の顧客から毎月20万円の顧問料を受け取っている人もいます。いくらの顧問料がもらえるかは、まさにあなたのファイナンシャルプランナーとしての実力次第なのです。

顧問料をもらえるような顧客が数人いるだけでも、保険販売の手数料などが加われば、独立のファイナンシャルプランナーで年収1,000万円を稼ぐことは決して困難ではなくなります。

顧問料をもらえるほどのファイナンシャルプランナーになるには、少なくとも、専門分野を早く決めることが大切です。そしてその専門分野を中心に開業後3年間は地道に仕事をこなしていく必要があると思います。

専門分野で仕事を受け、それを見事解決したら、すかさず、別の提案をします。例えば、生命保険を販売したのが最初の付き合いになったのならば、次は不動産運用や税金、相続といった提案を行っていくのです。

こうしていくつかの提案を重ねていくうちに「資産に関しては、あなたに死ぬまでアドバイスを受けたい」という顧客が現れるのです。

顧問料を取れるような顧客は資産家だけではありません。顧客の資産状況を把握したら、小さな儲けであっても新しい提案をし、成果を上げていけば、顧問契約が取れるでしょう。積み重ねがさらに信用を生み、結果として、独立のファイナンシャルプランナーで年収1,000万円を稼ぐ目標が実現できるのです。